スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GoPro(もどき)ヘルメット顎マウント化

1、最初、ベースをヘルメット横に貼り付けようと思いましたが、画面の左側にバイザーが映りこむので却下。
2、次、メットの顎部分斜め右下側→手持ちのアタッチメントでは水平を取るのが大変。メットの曲面もベースに合わないので却下。
3、水平を取りやすいので正面部分に。こちらもベースの曲面が合いませんでしたが、ダイソーでパテを買ってきて合わせることに。
メットに直接パテを付けるのは嫌だったので、形合わせのため仮止め用テープを張ってその上に乗せたら全然取れる気配もないのでそのままで行くことに(ベースを持ってヘルメットを持ち上げることができるレベルです) 粘着が弱くなったらその時に3Mの両面テープを使用予定。それまでは落下防止用のストラップを付けとかないと。
20161231-01.jpg
20161231-02.jpg

(追記)
上の状態でも、実際に走行映像を撮るとベースの角度が下を向きすぎていたようです。
(この構成だとこれ以上アタッチメントで上向きにできない)
出来るだけベースを垂直に近い状態になるぐらいまでパテで角度調整するかどうしよう。

(追記2)
上の写真の逆、アタッチメント部分のみを上下逆にすると角度的にも良さげです。
(落下しやすくなるので、アタッチメントを下から差し込むのはあまりやらない方が良いのかもしれませんが)
201505.jpg

やはりもう少し上向きが良い感じ

(追記3)
ベースをそのままで、もう少しだけ上を向けたかったのでアタッチメントを一個追加しました。
ベースの上から差し込む形になったので、たぶん安全性は向上(・∀・)
もっさり度も向上( ´Д`)
20170525.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。